『トルコ投資の聖地』トルコ戦士の目指す所は、トルコの事で困ったときは、トルコ戦士のサイトにくれば、トルコ投資に関しての情報は、何でも揃う、ハブ空港のようなサイトを目指しています。

トルコ戦士

トルコリラ天国への道

トルコ政策金利発表とインフレ率発表、米国雇用統計でトルコリラはどっちへ動いた

投稿日:2019年3月10日 更新日:

政策金利発表とインフレ率

3月4日、トルコのインフレ率が発表されたぞ。対前月比で0.16% 対前年比では19.67%だった。推移をみると若干ではあるが改善しているのだろうか。一方で生産者物価指数は微増(前月比0.09%、前年比29.59%増)となっている。
トルコ - インフレ率 前月比
トルコ - インフレ率 前年比
トルコ - 生産者物価指数 前月比
トルコ - 生産者物価変化 前年比

トルコ政府による値下げキャンペーン、業者への圧力や野菜の安売り販売所の設置などというニュース(注1)も散見されることから見ると、発表された数字だけでは判断できないインフレによる個人消費の冷え込みはなかなか回復していないのだろう。

(注1)具体的には、「小売りなどの 企業による商品価格10% 以上の 値下げ、一部銀行融資金利10% 引き下げ、電力や天然ガス料金のひき上げ凍結、住宅・家具白物電自動車商用不産投機証書に対する付加価値税や特別消費の減または手数料の引き下げおよび最低賃金の引上げなどが行われている。(MUFG BKGlobal Bussiness Insight 2019/03/01より)

また、注目の政策金利(2019/3/6発表)は予想通りの据え置きで24%の現状維持

ロイター通信によると、「中銀は必要に応じて一段の引き締めを行う姿勢を表明。6月の政策決定会合より前に利下げが実施される可能性があるとの市場の見方が緩和されたことで、トルコリラは上昇した。」

とのことだが、ご存じの通りでその後TRYJPYは他の通貨同様に大きく下げてしまったのだな。

改めて見ると政策金利24%ってすごい数字だよね
トル子

ペソ美
2018年9月の17%からずいぶん上がったもんだな

トルコ - 利率

米国雇用統計

3月8日には米国雇用統計も発表されたぞ。

非農業部門雇用者数は予想の18万人に対して、なんと2万人という結果に終わった。一方で失業率は予想の3.9%に対して3.8%と予想よりわずかに良い結果であった。

為替はドル円もトルコリラ円も指標発表を受け一旦は下方向への下落がみられたが、その後NY時間終盤にかけてじわじわと下値を切り上げ推移していた。

下のチャートは雇用統計発表直後のトルコリラ円5分足チャートだ。当日はじわじわ下げていたトルコリラ円だが、指標発表を受け20.20円台まで下落する場面もあった。

うぬぬ、、
トル子

ペソ美
でも底堅い動きだな

TRYJPY米国雇用統計直後

結果としてはNY時間明け(金曜のCLOSE時)は日足でやや長い下髭をともなった数日ぶりの陽線で終えることができている。
トルコリラ円 日足

とはいえ、やはりここ数日は日足チャートでも踏ん張っていた20.4-20.6のラインを下抜けてしまい、週末もこのラインまでの戻しが限界。

今週ついに、今までのサポートゾーンがレジスタンスゾーンになり、相場の流れが変わったことを確認した週となったのだろうか。週明け以降の動きで改めて判断したい。

トルコリラ円は22円台どころか、21円台もえらく遠い存在になってしまった。

一時期の利上げ祭りでトルコリラ含めた新興国通貨は悲鳴を上げるしかなかったのだが、年明けからは景色が変わったようだな。

米国の金利上昇が落ち着くのは良いのだが、米国経済そのものが下落局面という事は、できれば起きてほしくないのだ。

最近のダウ平均や今回の米国雇用統計を見ると、これまで気になっていることがじわじわと現実に数字として表れてきている。

一気に米国株、米ドル売りからリスク回避の円高も避けたいのだ。トルコリラ円の下振れ要因となりかねない。

世界経済も怪しくなってきたよね
トル子

トルコ株式指標と原油先物価格

今月末に統一地方選挙を控えているトルコ。やはり選挙前は大きく動くことはないと考えたほうが良いのだが、ここにきて堅調だったトルコ株式指標は、やや弱気方向ともみうけられる動きに推移しており要注意だ。
トルコ株式指標

ペソ美
ここのサポートは強いだけに要注意だね

1月末まではイケイケで上昇してきたのだが、2月に入り3月も下は100000から上は106000の間を往来中。

現在は少々下向き指向といったところだが、やはり100000ラインは相当堅い鉄板で支えられているんだろうか。きれいにしっかりと支えられておるのだな。

ここを抜けない限りは少し安心できそうだが、仮に下抜けたら違う景色が見えてきそうだ。

もう一つ、気にしておきたいものとして原油先物価格の動きを見てみよう。

一時期の50を切ってどこまで落ちるのか!という状況は、資源の乏しいトルコにとってはウハウハだったが、その後徐々に上昇となっており非常に底堅いのだ。

今週末も日足でみると、ちょい長めの下髭登場だ。
原油先物日足

原油安のメリット享受は以前ほどはなくなったのだろうか、トルコリラに対する指標としては、あまりポジティブな要素はなくなったのかもしれんな。

ペソ美
原油が上がればトルコは下がるだもんな

もちろん以前の直近高値70台から見れば十分低いのだが、ニュース性や期待値がなくなると逆にマイナス要素として扱われてしまう。

テクニカル分析

では、週足チャートと日足チャートを確認しておこう。

この1週間は連日で安値を更新続け週末(金曜)にやっと少し戻したという状況。先週までギュっと収束していたBBバンド幅は拡大を続け1週間を終えている。
トルコリラ円 日足
トレンドは下向きであり、遅行スパン(ピンクのライン)はローソク足から離れてしっかり下抜けているのだな。

日足を見る限りは下落トレンド継続中であり、週末の戻しもあまり勢いがないという状況なのだ。

では、週足はどうだろうか。
トルコリラ円 週足

注視したい点はローソク足終値がBBセンターをしっかりと下に抜けてしまった事だろう。週足終値がBBセンターより下だったのは昨年(2018年)の10月頃ぶりだろうか。

週足では、まだBBバンド幅は収束状態だが、この流れが継続した場合は日足同様に下方向トレンドの発生とともにBBバンド幅拡大が予想されるのだな。ぜひとも来週はしっかり戻してほしいのだが。

週足ローソク足本数であと、2,3本後には遅行スパンが再びローソク足に大接近時期的には3月末と合致することも気になるのだ。

トルコ地方選挙時期と被っており、何等かの動きが起きてもおかしくないだろう。

遅行スパンとは、移動平均を26日過去にシフトしたもので、「一目均衡表」においても確認することができるな。

MT4を使えば、簡単に遅行スパンだけ表示出来るよね
トル子

ペソ美
MT4が使える比較記事もあるぜ

国内FX業者でMT4に対応した会社

この遅行スパンがローソク足に接近接触すると反転上昇や反落という相場の変化が起きることがよくあるのだ。一方で、ローソク足近辺をうろうろしている時は総じて値動きの乏しいレンジ相場の場合が多々ある。

最後に

トルコ政策金利は現状維持ということで無難にこなし、米国雇用統計発表も振り返ってみればビッグサプライズというような値動きは見せず消化したように見える。

やや下落傾向とも見れるトルコリラだが、こちらも一気に転がり落ちることもなく踏ん張っているのだろうか。このあと3月末のトルコ選挙前に米国FOMCやFRB要人の会見が発信されるはずだ。

景気動向や金利利上げスケジュールの扱いに対して何らかの発言があれば、トルコリラも多少なりとも影響を受ける可能性ある。

選挙に向けたトルコ要人からの発言と合わせ週明け以降の米国FRB要人の会見もしっかり確認しておきたいな。

来週以降のトルコ経済指標と米国の大きめイベント

3/11(月)  (トルコ) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前年比]
3/11  (トルコ)1月 経常収支
3/12  (米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
3/15 (トルコ)失業率
3/20  (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
3/20  (米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
3/21  (トルコ)消費者信頼感
3/25 (トルコ)景況感、設備稼働率
3/29  (トルコ)貿易収支

こうやって見るとわかりやすいね。
トル子

ペソ美
ポジティブニュースが出るように祈るだけだぜ

EUや日本においても各種指標発表もあるが、特に米国発の情報には十分気をつけておこうじゃないか。トルコ国内や要人発言も含め、選挙前に、きな臭いニュースが出ないことを祈るばかりだ。

トルコリラスワップポイントランキング

このサイトは、みなさんのご協力で成り立っています。ありがとうございます。みんなもトルコリラを買って仲間になってね。
トル子
ペソ美
トルコリラのスワップポイントが安定的に高いのは「LightFX」だよ。トルコリラで儲けるコツは、スワップポイントが高くスプレッドが安いところを選ぶこと。各FX会社のスワップポイントとスプレッドを両面からランキングしてみた

※2019/07/08日時点
※スプレッド原則固定(例外あり)
※クリック365は変動制

2019年7月のトルコリラスワップ実績

Sランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
LIGHT FX 100円/日 1000 1.7銭
みんなのFX 100円/日 1000 1.7銭

Aランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
ヒロセ通商 100円/日 1000 1.9銭
サクソバンク証券 100円/日 5000 2.1銭
GMOクリック証券(クリック365) 100円/日 10000 2.9銭
マネーパートナーズFX nano 100円/日 100 3.8銭
マネーパートナーズ 100円/日 100 3.8銭
FXプライムbyGMO 100円/日 1000 4.8銭

Bランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
SBI FXトレード 92円/日 1 4.8銭
外為どっとコム 85円/日 1000 1.9銭
セントラル短資FX 60円/日 1000 2.5銭

その他、トルコリラ取り扱い可能

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
楽天証券 60円 1000 6.8銭
ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社
64円 1000 15~50銭
マネースクエア 60円 1000 8.0銭

取り扱いなし

ライブスター証券
YJFX!(外貨ex)
DMM FX
外為ジャパン
ひまわり証券(ひまわりFX)
FXブロードネット
マネックスFX プレミアム
アイネットFX
外為オンライン

トルコリラのスワップポイントを受け取る時の注意点
●スワップポイント(金利差調整分)について
通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。
また、FX取引のリスク、特に、為替変動による損失がスワップポイントで得た利益を大幅に上回る事もありますので、ご注意ください。

トルコ戦士の記事をいち早く受け取りたい戦士は、友達登録宜しく!

友達優先で、より早い情報をお届け!この情報が相場での勝利を掴む。

トルコ戦士募集!(871人参加中 2019/0708現在)

友だち追加

君も『トルコ戦士』なら
いいね ! をするんだ!!

トルコ戦士を
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
トルコ戦士

トルコ戦士

トルコ戦士編集部 編集長 2018年6月よりトルコ戦士となる。 その2か月後の8月10日にエルドアン大統領のよる「トルコ戦士ジェノサイド」が行われ果敢なく散る。 9月3日より、再度トルコリライン。 トルコリラのスワップに夢見て幾数年、いつか夢見るリラ円の100円台。

-トルコリラ天国への道
-, , ,

Copyright© トルコ戦士 , 2019 All Rights Reserved.