トルコリラのスワップポイントで、生活をする事を夢見て戦い続けるトルコ戦士。歴戦の勇者のランド戦士、新進気鋭のペソ戦士もいる。彼らに共通している事は、値下がりに耐えられず、最後には必ず散るという事。このサイトは、トルコリラの積み立て投資を紹介すると共に、トルコリラを買うのに最も良いFX会社を検証しています。

トルコ戦士

トルコリラ天国への道 角野實

トルコ財政

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
角野 實(かどの みのる)

角野 實(かどの みのる)

大学を卒業後、金融機関に15年勤め、FXシステムの開発、セールスに携わる。 その後、独立し投資顧問会社を設立。 2018年6月には、投資顧問会社を売却し、那須の山奥で悠々自適な生活を送る。 マーケットに対し、ロジカル且つシンプルな見解は多くの賛否両論を生む。 「理解が出来ないなら、それで良い。反論するなら、それなりに勉強してから来い。それ程、相場は甘くない。」

更新日:

トルコ財政

きのう5月のトルコ財政収支がプラスと発表され、その結果、ドル高から売られていたものが修正され、相対的にドル安トルコ高になったのでトルコ円も上昇することになりました。

この状況からわかること

みなさんはFXでの分析をテクニカルで行っているケースがほとんどになると思います。

しかしここ数週間、みなさん、私のファンダメンタルズの分析をきいてどう思われるのか、と思うことが大事です。

つまり、ファンダメンタルズがわかっていれば、ほとんどトルコ円の方向性というのはわかってくるということがわかったと思います。

要するに根拠が薄弱なテクニカル分析を重用する傾向がFXトレーダーにはあると思いますが、ファンダメンタルズがわかってくるとなぜ、下がったのか、上がったのか、ということが自分の頭の中で理解ができるのです。

 

テクニカル指標は形や数値がこうなったから、こうなると推測することができると思いますが、

その根拠は?

と問われたときに答えることができない人がほとんどになります。

つまり数字というものがどういう特性があり、こういう数列になっている場合には、こういう数列になる可能性は〇パーセントになるからポジションはこう変更する、というような論理的な説明できる人はテクニカルのプロと名乗っている方もできる人を私はみたことがないのです。

このことは何を指し示すのかといえば、自分が間違えたときにその間違いの根本を指摘することができないのです。

 

ところがファンダメンタルズ分析は間違えた場合、その間違いは自分で素直に考え方を直すことができますが、テクニカルは、よく似非プロが言う表現ですが「だまし」の一言で片づけてしまうのです。

テクニカルというのはそもそもが確率論であって、その確率で外れた場合、自分はすべて正しいと思っているから、その結果、すべて自分が間違えたのはマーケットの所為にして、自分は正しいまま、という帰結になるのです。

そのテクニカルの確率が100パーセントになることなどマーケットは絶対にありえないことであって、自分の予測を間違えた場合は、全部、マーケットの所為にするのですから人間的には非常に幼い、ということになります。

ですから、テクニカル分析で大金を儲ける人間はいない、という所以なのです。

テクニカル分析のみで数年で莫大なお金を儲けた人間はたくさんいると思いますが、それが20年、30年続くことはありません。

私もそんな人をみたことがない、というのが私の結論です。

 

たとえば、世界的な投資家、ウォレンバッフェットは、数学のある意味天才です。

でもマーケットは常にファンダメンタルズでしか分析せず、テクニカルで判断をすることはないのです。

この事実だけでも、テクニカルというものは世界のトップトレーダーからみれば危ういことがあると思います。

 

バッフェットはさまざまな人と知己があり、数学者であり、カードカウンティングの創始者、名前を度忘れしてしまいましたが、彼のことを数学者に対して上から目線で「彼は数字のことがよくわかっている」と評しています。

数学の勉強をまともにしていない、バッフェットが数学博士に上から目線で言っているのです。

また、オプションの公式、ブラックショールズ公式の片割れ、ブラック博士に対しても、彼はマーケットで成功するだろう、と言い切り、その相棒が脱税で逮捕されるまでは相当な運用成績を上げました。

ただ、LTCMの破綻によって、ブラックショールズ公式のもろさも露呈をしましたけどね。

ただ、ブラックショールズ公式は現在ではオプション計算の原典でもあります。

 

ほかにも世界でも有数の投資家に関して、私は、調べましたが、システムやテクニカルで生き残っている投資家はほとんど皆無に近く、いないと言っても過言ではありません

私もマーケットのシステムを組むことができますが、これで永続的に儲けることができないだろうな、とは思います。

もちろん、私のアイディアが未熟なこともあるのかもしれませんが、私のシステムは組んで20年機能をしていることから、おそらくこのシステムはあと20年残るだろうと思います。

みなさんが組んだシステムで20年残るものは先ず、ないと思います。

それだけ優れたシステムを作っても生き残れないものなのです。

間違いは素直に認めろ

要は、間違いを「だまし」とか言っている時点でテクニカルの根本を理解していませんし、自分がよほど優れていない限り、自分が間違えたのではなく、マーケットが間違えるなんてものは信用に値をしないのです。

テクニカルというのは相対論であり、確率論ですから間違いがあって当たり前なのです。

この「だまし」という表現が私は大嫌いです。

騙しではなく、自分が間違えたのだ、という認識にしないとテクニカルトレーダーの成長はあり得ません。

トルコの財政

きのうが5月の財政収支の発表があるとは知りませんでした。

予想外だったので、外出先からレートをみて少しびっくりしました。

というニュースらしいです。

この数字は5月のものであり、通年や、過去の財政赤字を加えたものではありません。

つまり、5月、単月の数字なのです。

詳細は、きょうの財政収支の発表になって明らかになるでしょう。

本日の発表

本日の発表

これが、本日発表される数字であって、きのう発表されたものは単月の数字になります。

つまり、きょうの発表はこのグラフから27億トルコリラ減少をする、ということになります。

つまり去年から、トルコ財政は拡大をしてきましたが、今回単月で黒字化をしたことというのは、赤字はわずかですが、減少をしたということになります

つまり、今月の財政赤字は増加と先週予想をしましたが、減少に変わったことになります。

この背景

この背景というのは以下のニュースで理解することができます。

要するにムーディーズの格下げ懸念から財政を良化させる努力をして、格下げを取り下げさせる狙いがあります。

さらなる背景

トルコはEU、ユーロに加盟することを狙っています。

そのため、ユーロ加盟国に課せられるGDPに対する赤字を30パーセント以下に抑えなければいけません。

ギリシャは、この赤字比率を偽装によって加盟をしたから破綻寸前というよりも実質破綻になったのです。

トルコもこのようなインチキは許されないのですから、ユーロに加盟するためには、当然、このことを意識しています。

結論

トルコ財政は悪い、悪い

とプロと称する連中は言いますが、日本の財政赤字に対して、日本の政治家は、ずっと先延ばし先延ばしにしている結果をみれば、きわめて、トルコの内閣、行政は誠実だと思います。

今月の初旬に表明したことをもう、末には履行をしているというところは評価のポイントは高いと思います。

通常は財政赤字を減らすといってもなかなか、その言葉通りにはできないのですが、その通り実行できる大統領はともかく、内閣は信じるに値すると思います。

トルコ戦士
君もトルコ戦士なら『日本ブログランキング』『日本ブログ村』の2つのバナークリックで応援してくれ!さぁ!

にほんブログ村 為替ブログへ
応援してくれ!


こっちもな!

トルコリラを買うなら

このサイトは、みなさんのご協力で成り立っています。ありがとうございます。応援したいと思ったら、下記のどれかから口座を開いてね。
霊夢
魔理沙
仲間になろうぜ

トルコリラでスワップポイント_FX会社ランク別

※2018/7/2(月)更新!

※スプレッド原則固定(例外あり)

Aランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
 みんなのFX 106円 1000 1.9銭
GMOクリック証券(クリック365) 105円 10000 2.9銭
外為どっとコム 84円 1000 1.9銭
マネーパートナーズ 86円 100 3.8銭

Bランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
 サクソバンク証券 99円 5000 2.1銭
 ヒロセ通商 101円 1000 1.9銭
 セントラル短資FX 80円 1000 2.5銭
SBI FXトレード 82円 1 4.8銭
FXプライムbyGMO 80円 1000 4.8銭

Cランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
インヴァスト証券 85円 1000 5.5銭
FXトレード・フィナンシャル 73円 1000 15~50銭
楽天証券 73円 1000 6.8銭
マネースクエア 47円 1000 8.0銭

取り扱いなし

ライブスター証券
YJFX!(外貨ex)
DMM FX
外為ジャパン
ひまわり証券(ひまわりFX)
FXブロードネット
マネックスFX プレミアム
アイネットFX
外為オンライン

トルコリラのスワップポイントを受け取る時の注意点
●スワップポイント(金利差調整分)について
通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。
また、FX取引のリスク、特に、為替変動による損失がスワップポイントで得た利益を大幅に上回る事もありますので、ご注意ください。

君も『トルコ戦士』なら
いいね ! をするんだ!!

トルコ戦士を

-トルコリラ天国への道, 角野實
-,

Copyright© トルコ戦士 , 2018 All Rights Reserved.