『トルコ投資の聖地』トルコ戦士の目指す所は、トルコの事で困ったときは、トルコ戦士のサイトにくれば、トルコ投資に関しての情報は、何でも揃う、ハブ空港のようなサイトを目指しています。

トルコ戦士

トルコリラ天国への道

トルコじり下げ・・・政策金利は24%現状維持(4/25)だ。連休前の調整下落で買い時はいつだ?

投稿日:


10連休と新元号を目前に控えた為替市場。トルコリラ円も連日のジリ貧下げを展開する中で、政策金利が発表された。トルコ中央銀行の今後の金利政策に市場関係者も注視していたが、結果はいかに。

そして、過去に例のない長い休場を迎えることになる東京市場は10連休突入直前だ。トルコリラ円はその予兆を示すのか、単なる取り越し苦労で終わるのか。為替はどっちに動くのか。

政策金利が発表されたぞ。

4月25日の日本時間午後8時にトルコ政策金利が発表された。
政策金利
引き続き24%維持という市場の予想通りではあったが、日本経済新聞のサイトには「3月の金融政策決定会合の際の声明文にあった「必要があればさらなる引き締めを行う」との文言が消えた」という記事が掲載されているのだ。

チャートをみると確かにそのタイミングでトルコリラ円は大きく下に抜けてしまったようだ。
一時は18.7円近辺まで下げたが以降週末のNYクローズにかけては動意の無いレンジ相場に終始しているようだ。政策金利発表前には戻れていない。

今後の為替相場次第だが、6月の次回会合で利下げが行われる可能性が高まったというのは、トルコのQNBフィナンス・バンクの見解らしいぞ。利下げは遠のいたという雰囲気に流れていただけに更なるリラ売りを誘発したということらしい。
(以上、日本経済新聞4/27記事)
制作発表時TRYJPY

エルドアン大統領は当初から利下げを求めていた人であり、トルコ中央銀行へ圧力をかけるような事になれば、トルコ利下げによるリラの下値トライもあり得るのだろうか。

さらに、最近は対米国関係が一時期の好意的関係への期待が薄れてきてしまっているな。
ロシアからの、対ミサイル防衛システムS400の導入の件で、米国の反発にくわえて、以前暫定的に猶予期間を与えられてイラン産原油の輸入禁止猶予期間が迫ってきているのだ。

日本も同様だが、トルコも資源の乏しい国。イラン原油の輸入による米国の規制に従わないとなるとより一層米国関係の悪化もあり得るだろう。

ただでさえ、ここ数週間、数か月のスパンで原油先物価格はじわじわと上昇を続けているのだ。
以前、まさか節目の70台までは戻さないだろうと思っていたが今週はピークで66台を超えているのだ。

本記事下段の、原油先物日足チャートで確認できるぞ。

トルコリラ円 下値を試すも突破できず

では、トルコリラ円はガツン!と下を目指すのだろうか? 今週の政策金利発表から週末NYクローズまでの60分足チャートを見ると、一気に下を狙うという感じでもないのだな。

年明けのフラッシュクラッシュ時最安値には至らず週末を迎えている。

一旦下狙いの勢いは一服なのだろうが、それでも、やや長めの時間軸で見ると下方向を意識せざるを得ないだろう。

週末から、日本は怒涛の10連休に突入している。翌月曜以降金融機関や株式市場はCLOSEしたままだ。トルコリラを扱っている多くの国内FX業者における売買比率は非常に買に傾いている。スワップポイント狙いなので当然とはいえ、ここを狙う輩も多いだろう。証拠金を追加入金したくても金融機関はGW明けの5/7(火曜)にならなければ開かないぞ

さて、再度下を試されるのか。このGW直前が一旦の底として戻すのか。

原油先物、米国債10年金利

原油先物はきれいに上昇を続けている。昨日はやや調整戻しとなったとはいっても、この長い上昇トレンドが終わりと判断するほどの下げとはならず。

引き続き上昇トレンド継続中となれば、いずれ70という大台も突破してしまうのだろうか。前出の米国によるイラン産原油の輸入禁止も猶予期限まであとわずかなのだ。

そして、米国債10年利回りだが、2.35近辺を底に上昇も2.6をわずかに超えたところで折り返してしまった。現在は再び下向きとなっている。
原油先物価格 日足

米国債10年金利

日本は恐怖の十連休

トルコリラは、週足終値も前週や3月末選挙時安値を下回ったところでNY市場をCLOSEしている。翌週開け月曜といっても日本市場は10連休の真っただ中だ。

GW米国主要指標

上図は日本の10連休中に発表される米国の主要経済指標タイムチャートだ。
月初なので、連休のど真ん中にFRB議長会見があり、その週末、金曜夜は雇用統計だ。雇用統計明け日本はまだ連休中で、その日は米国市場も休場というありさまだ。

もちろん、これは米国の経済指標だけ。当然ながらEU、英国、さらに中国からの指標もあるのでさらに要注意となるだろう。

テクニカル分析として日足チャート、週足チャートを見ると現在どっちにむかっているか(すくなくともここまでどういった流れでチャートが動いてきたのか)は確認できるぞ。

さっそく、最新のチャートで確認してみよう。

まずは日足だ。

TRYJPY日足
相変わらず、日足ローソク足は細かな上下動を繰り返しながら値を下げている。遅行スパン(ピンクの太い実線)もきれいにローソク足に平行して下向き進行中だぞ。

そして今は、気になるポイントに到着している。
チャートを見るとわかるが、統一地方選挙で大きく下に下げた安値にピタッと遅行スパンが接しているのだな。

この時、ローソク足は一旦戻しプラス2σまで上昇している。週明け、東京市場はクローズだが為替は動く。

そんなタイミングでこれまで一貫して下げてきたトルコリラ円がこのローソク足に沿って戻すことも可能性として頭に入れておこう。

もちろん、そのまま上昇という期待は持ちにくいのだが、BBのプラス2σまで一旦調整ということもあり得るのだ。

しばらく東京市場参観者が居なければ市場は非常に取引の薄い状態が数日続くことは避けられない。

そんな中で一旦戻しを入れて再び下を目指すというシナリオもありだろう。

そして週足だ。

トルコリラ週足
こちらもきれいに3本の週足が陰線となり、特に今週の週足終値はBBのマイナス2σをしっかり抜けているのだな。

下方向への勢いが強い証拠だろう。遅行スパン(ピンクの太い実線)も先週は微妙なところだったものの、今週はしっかり下に抜けている。週足としての流れは下方向継続と見える。

なので、日足では一旦の戻しが起きる可能性もあるが、週足時間軸では継続して下方向の可能性が高そうだな。

さて、週開けのトルコリア円は上記のようなシナリオとなるのか、それともそのままさらに下を試すのか。

最後に

十連休を満喫する為に一旦ポジションを整理し、バケーション三昧のトルコ戦士もいれば、本業は、なにも変わらず通常運転の戦士諸君もいることだろう。

もちろん、多少の含み損を抱えつつスワップポイントをしっかり手にいれてる人もいるだろう。

どんなタイプの戦士であっても、このなが~い連休で市場が閑散となっている間は十分注意してほしいぞ。

株式市場は動いてなくても、諸君が口座を開設しているFX業者は多くが平常通りの営業ではなかろうか。ぜひ自身の口座を開設している業者のGW営業に関する連絡やホームページのお知らせを確認しておいてくれ。連休中に変なニュースが出ないことを祈る。

楽しいGWを満喫してくれ。令和だぞ。

トルコリラスワップポイントランキング

このサイトは、みなさんのご協力で成り立っています。ありがとうございます。みんなもトルコリラを買って仲間になってね。
トル子
ペソ美
トルコリラのスワップポイントが安定的に高いのは「LightFX」だよ。トルコリラで儲けるコツは、スワップポイントが高くスプレッドが安いところを選ぶこと。各FX会社のスワップポイントとスプレッドを両面からランキングしてみた

※2019/07/08日時点
※スプレッド原則固定(例外あり)
※クリック365は変動制

2019年7月のトルコリラスワップ実績

Sランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
LIGHT FX 100円/日 1000 1.7銭
みんなのFX 100円/日 1000 1.7銭

Aランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
ヒロセ通商 100円/日 1000 1.9銭
サクソバンク証券 100円/日 5000 2.1銭
GMOクリック証券(クリック365) 100円/日 10000 2.9銭
マネーパートナーズFX nano 100円/日 100 3.8銭
マネーパートナーズ 100円/日 100 3.8銭
FXプライムbyGMO 100円/日 1000 4.8銭

Bランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
SBI FXトレード 92円/日 1 4.8銭
外為どっとコム 85円/日 1000 1.9銭
セントラル短資FX 60円/日 1000 2.5銭

その他、トルコリラ取り扱い可能

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
楽天証券 60円 1000 6.8銭
ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社
64円 1000 15~50銭
マネースクエア 60円 1000 8.0銭

取り扱いなし

ライブスター証券
YJFX!(外貨ex)
DMM FX
外為ジャパン
ひまわり証券(ひまわりFX)
FXブロードネット
マネックスFX プレミアム
アイネットFX
外為オンライン

トルコリラのスワップポイントを受け取る時の注意点
●スワップポイント(金利差調整分)について
通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。
また、FX取引のリスク、特に、為替変動による損失がスワップポイントで得た利益を大幅に上回る事もありますので、ご注意ください。

トルコ戦士の記事をいち早く受け取りたい戦士は、友達登録宜しく!

友達優先で、より早い情報をお届け!この情報が相場での勝利を掴む。

トルコ戦士募集!(871人参加中 2019/0708現在)

友だち追加

君も『トルコ戦士』なら
いいね ! をするんだ!!

トルコ戦士を
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
トルコ戦士

トルコ戦士

トルコ戦士編集部 編集長 2018年6月よりトルコ戦士となる。 その2か月後の8月10日にエルドアン大統領のよる「トルコ戦士ジェノサイド」が行われ果敢なく散る。 9月3日より、再度トルコリライン。 トルコリラのスワップに夢見て幾数年、いつか夢見るリラ円の100円台。

-トルコリラ天国への道
-, , ,

Copyright© トルコ戦士 , 2019 All Rights Reserved.