『トルコ投資の聖地』トルコ戦士の目指す所は、トルコの事で困ったときは、トルコ戦士のサイトにくれば、トルコ投資に関しての情報は、何でも揃う、ハブ空港のようなサイトを目指しています。

トルコ戦士

トルコリラ天国への道

【トルコリラ復活近し!!】好調な株価推移の中で消費者信頼感と景況感

投稿日:

指標が発表されたぞ。消費者信頼感と景況感

1月24日に発表された消費者信頼感。予想の59.5に対して結果は58.2。前回の58.7からもわずかに悪化してしまった。なかなか2018年前半の70台以上へも復帰できない状況がつづいている。

さらに翌1月25日に発表された景況感だが、予想の92.9に対してわずかに高い93。前回が91.5だったのでこちらは予想、前回いずれに対しても改善しているようだ。

消費者信頼感とは文字通り消費者視点での景気感であり、もう一方の景況感とは消費者や企業のセンチメントとなる。

したがって企業はやや上向きつつあるが個人消費がなかなか盛り上がらない状況が続いているのだろうな。トルコのGDPに占める個人消費は大体50%後半を占めているので個人消費が冷え込むのはつらいのだ。
トルコ - 消費者信頼感
トルコ - 景況感

上図は消費者信頼感と景気感の過去数か月の推移だが、昨年秋からの動きを見ると確かに景気感が緩やかに上昇しているもの消費者信頼感が今一つ頭が重いようだ。

2018年に比べて消費者信頼感は大幅に下がっているのね。
トル子

ペソ美
景況感は徐々に上がっているな。

また、12 月 10 日のトルコ統計局の発表によると、7-9 月期の実質 GDP 成長率は前年比でわずか 1.6%にとどまったとのこと。これは 2010 年以降、クーデター未遂事件があった2016 年 7-9 月期を除くと、最も低い伸び率である。
(公益財団法人 国際通貨研究所  12/25公開資料より)

また、この報告書にはトルコリラ安の影響はトルコの実体経済のみならず、経済成長率や国際収支にも及んでいる様子が確認された。と記載されているが、昨年夏に急落したトルコリラには、当時のレートに戻る気配が無い中で個人の消費が伸び悩んでいるのだろう。

ペソ美
みんな、金は貯めないで使おうぜ。トルコリラのスワップで稼いだお金は使うんだぞ

今回の消費者信頼感、景況感の数字もこの分析を裏付けてしまったような結果であった。

株価は順調に上昇トレンドに乗ってきたが、相変わらずの高いインフレ率が解消に向かわない中で、原油先物価格がやや下げ渋り若干上昇気味なのとトルコリラが昨年の22円をなかなかクリアできないことも要因と考えらそうだな。

株式市況は何だかよさそうだな

非常に順調に推移しているものはトルコ株価と国債10年物利回りではなかろうか。下の図はトルコ株式(BIST100)とトルコ国債10年物利回りの日足チャートだ。

ちなみに、BIST100とは日本でいえば日経225みたいなものだ。トルコ主要企業の株価を指標として作成されたものなので投資家がトルコに対して現在投資志向なのか撤退志向なのかもこれで確認できる。

トルコリラ円がなかなか年末の直近高値22円台に戻れない状況だが、BIST100は長いことクリアできなかった100000台を日足終値でも、しっかり抜けておるのだ。
BIST100
トルコ - 10年物国債

おぉ
トル子

ペソ美
キレイに抜けたな、これは強い。

特に株価は非常にきれいに上昇トレンドを進んでいる。年始のフラッシュクラッシュでトルコリラ円は大変な暴落にみまわれたが、株式市況はそこからじわじわと上昇しているぞ。当然だがその流れに沿って10年もの国債利回りは低下中だな。

この状況もあって前出の景況感が順調に推移しているのだろう。あとは、なんといっても高いインフレ率が何時どこまで落ち着くのかが焦点だろうか。

先日も、スイスのダボスで開催されている第49回世界経済フォーラムに出席したベラト・アルバイラク財務大臣から景気改善に対してポジティブな発言が出ていたようだが、くれぐれも選挙に向けたポーズで終わらない様期待したい。

原油先物推移もじわじわと上昇してきたのだが、やはり55円前後はかなり抵抗を受けているのだろうか、日足チャートで見てもこの55円近辺は過去も大きく抵抗ラインとして機能していたようだ。

もしここを抜けて上昇するようであればテクニカル的にさらに上の70円台を目指すのだろうか。
原油先物日足チャート

もっとも、最近の情勢的に原油価格が上昇するような政治経済ネタもなく(どちらかと言ったら中国経済の停滞など下方向圧力のほうが大きそう)70台に戻すことは可能性低く、日足BBのプラス2σに接近している状況からすると今後は改めて下方向という可能性も考えられる。

現在のチャートを見ると40半ばから50半ばをレンジとして上がったり下がったりという感じだろうか。このような状況が続いてくれれば資源のないトルコにとっても悪くはないのだろう。

トルコリラ円テクニカル

早速、最新の日足と週足にて確認していこうじゃないか。
TRYJPY日足
TRYJPY週足
日足はBBのプラス1σを終値でも抜けようとしている。微妙な位置だがここでいったん上昇は一休みという可能性もありそうだ。なぜなら左に見える遅行スパン(ピンクの太い線)はローソク足に接触し下方向に垂れているような動きだからな。

週末にポジティブなニュースが流れたりなどで遅行スパンがローソク足を上に抜けるようだと22円台を目指すのではないだろうか。

もし、ローソーク足の抵抗を受け改めて下向きとなってしまうと数日後にはフラッシュショック時の長い下髭をともなった陰線にぶつかる。来週後半以降はテクニカル的にも一定の流れを作りやすい状況となりそうだ。

下髭のおかげで、下値が堅くなった感じだね。
トル子

ペソ美
遅行スパンがローソク足の上を推移したら、ポジションを増やしたいところだな。

さらに週足を見ると遅行スパンはローソク足に接触しているのだ。上昇基調中にローソク足に接触しておりその時の週足は長い下落基調の真っただ中。

ローソク足にはねられ改めて下に向かうのがこれまでのパターンだったので、その流れに従う可能性が高そうだが、ここで遅行スパンがローソク足を上に抜けるようであれば、本格的な上昇トレンド入りと考えることもできそうだ

OANDA口座スワップポイント

OANDA口座も順調にスワップポイントがたまっている。含み益もゆっくりではあるが現在65.7PIPS。

なかなか上に抜けるような動きではないが、スワップポイント獲得が目的であればこの状態でも十分収益源として評価してよいのではなかろうか。

不用意に取引枚数を増やさず、レバレッジを抑えることで大きなドローダウンでも耐えられる状態を維持するのだ。そうすれば強制ロスカットを極力回避することが可能だし、継続してスワップポイントを手にいれられるのだから。
OANDA口座資産推移

最後に

ベラト・アルバイラク財務大臣のダボス会議における発言もそうなのだが、ここへきてトルコ要人は以前のようなアグレッシブな発言はなく、国内景気にむけたポジティブな発言が目につくようだ。

要人は発言に注意して欲しいよね。
トル子

対外的な面においても(特に対米かな)おとなしい? 非常に紳士な雰囲気なのは、やはり3月の統一地方選挙をにらんでのことだろう。テクニカル的にもトルコリラ円は現在、日足、週足どちらも重要な所にきており上下どっちにでも動きだしそうだ。

ペソ美
元々トルコ人は穏やかだからな。

動く前にエネルギー蓄えている期間とでもいえばよいのか。それだけに3月の選挙前は動きずらいだろう。現時点ではトルコリラ円は底堅く推移しているとはいえ、昨年ここまで売られてしまったのでやはり何とかもどしてほしいのも事実。

トルコ国内が選挙まで大きな動きを見せないとなれば、はやり相対的に海外のイベントでトレンドが起きたり、急な上下動にトルコリラが巻き込まれることが考えられそうだ。したがってこのあと3月までに予定されている海外イベントには十分注意したいな。

要注意イベントは、

  • 英国ブレグジット
  • 米中貿易戦争

だろうか。加えて米国の政府機関閉鎖関連というのもウォッチ対象に加えておこう。

英国も勢いで離脱した感があるよね。
トル子

ペソ美
今更、北アイルランドと南アイルランドの国境の問題で揉めてるらしいぜ。

トルコリラスワップポイントランキング

このサイトは、みなさんのご協力で成り立っています。ありがとうございます。みんなもトルコリラを買って仲間になってね。
トル子
ペソ美
トルコリラのスワップポイントが安定的に高いのは「LightFX」だよ。トルコリラで儲けるコツは、スワップポイントが高くスプレッドが安いところを選ぶこと。各FX会社のスワップポイントとスプレッドを両面からランキングしてみた

※2019/07/08日時点
※スプレッド原則固定(例外あり)
※クリック365は変動制

2019年7月のトルコリラスワップ実績

Sランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
LIGHT FX 100円/日 1000 1.7銭
みんなのFX 100円/日 1000 1.7銭

Aランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
ヒロセ通商 100円/日 1000 1.9銭
サクソバンク証券 100円/日 5000 2.1銭
GMOクリック証券(クリック365) 100円/日 10000 2.9銭
マネーパートナーズFX nano 100円/日 100 3.8銭
マネーパートナーズ 100円/日 100 3.8銭
FXプライムbyGMO 100円/日 1000 4.8銭

Bランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
SBI FXトレード 92円/日 1 4.8銭
外為どっとコム 85円/日 1000 1.9銭
セントラル短資FX 60円/日 1000 2.5銭

その他、トルコリラ取り扱い可能

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
楽天証券 60円 1000 6.8銭
ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社
64円 1000 15~50銭
マネースクエア 60円 1000 8.0銭

取り扱いなし

ライブスター証券
YJFX!(外貨ex)
DMM FX
外為ジャパン
ひまわり証券(ひまわりFX)
FXブロードネット
マネックスFX プレミアム
アイネットFX
外為オンライン

トルコリラのスワップポイントを受け取る時の注意点
●スワップポイント(金利差調整分)について
通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。
また、FX取引のリスク、特に、為替変動による損失がスワップポイントで得た利益を大幅に上回る事もありますので、ご注意ください。

トルコ戦士の記事をいち早く受け取りたい戦士は、友達登録宜しく!

友達優先で、より早い情報をお届け!この情報が相場での勝利を掴む。

トルコ戦士募集!(871人参加中 2019/0708現在)

友だち追加

君も『トルコ戦士』なら
いいね ! をするんだ!!

トルコ戦士を
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
トルコ戦士

トルコ戦士

トルコ戦士編集部 編集長 2018年6月よりトルコ戦士となる。 その2か月後の8月10日にエルドアン大統領のよる「トルコ戦士ジェノサイド」が行われ果敢なく散る。 9月3日より、再度トルコリライン。 トルコリラのスワップに夢見て幾数年、いつか夢見るリラ円の100円台。

-トルコリラ天国への道
-, ,

Copyright© トルコ戦士 , 2019 All Rights Reserved.