専業FXトレーダーが、FXの基本的な知識から、ツールの使い方など紹介しています。

FX大技林

Uncategorized

国内FX業者でMT4に対応した会社

投稿日:


元々はロシアで開発されたMT4。

MT4は日本国内でも、初心者から上級者まで、カスタマイズしやすく見やすいと人気だった。

そして、「日本法人 メタクオーツ・ソフトウェア・ジャパン」が設立された。

そうする事で、日本のFX業者でもMT4を通した取引が出来るようになった。
(XMなど海外のFX業者もあるが、信託保全がない為、預り金が保証されない危険性がある)

このページでは、ボクも実際に口座を持っている「MT4に対応している国内業者」を紹介したいと思う。

MT4に対応している国内業者 5社

 

FX業者名 通貨ペア USD/JPY

(スプレッド)

EUR/JPY

(スプレッド)

EUR/USD

(スプレッド)

GBY/JPY

(スプレッド)

OANDA JAPAN 71通貨  0.4銭  0.7銭  0.5銭  1.4銭
FX TRADE  29通貨  0.3銭  0.6銭  0.8銭  2.0銭
外為ファイネスト  30通貨  0.6銭  0.6銭  0.5銭  1.2銭
FOREX.com  84通貨  1.5銭~  1.8銭~  1.7銭~  2.6銭~
楽天MT4  20通貨  0.5銭  1.1銭  0.6銭  2.0銭

※2017/6/13調べ
※赤背景は、国内MT4対応FX業者最安値

各社の共通項目

  • クイック入金対応(指定銀行は各FX業者で確認)
  • 最低取引単位 1000通貨
  • 最大レバレッジ 25倍
  • 手数料無料
  • 完全信託保全
  • 両建可能

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)

オアンダは、ガッツ石松が広告塔を務めている。

個人的にはイメージと違う気もするが・・・そこは放っておこう。

オアンダはスプレッドが安いのが魅力の一つだ。

約定拒否もなし!という事でスキャルパーにも人気がある。

コースは基本的に2種類

ベーシックコース(裁量取引)
プロコース(裁量取引・自動売買)

ベーシックコースは裁量取引しかできない、ただ、プロコースへの変更も可能だ。

ベーシックコースは初回入金額が100,000円が必要なのに対して、プロコースの初回入金額は200,000円に設定されている。

後は、複数口座(15個)が持てるので、EA事に使い分けると、どのEAが調子が良いのかの判断がつきやすい。

口座を開くと無料で使えるオアンダオープンオーダーMT4用インジケーターがすごいと評判だ。

MT4が使える国内業者では一番人気だ。

口座開設は無料

FX TRADE(FXトレード・フィナンシャル)

特徴としては、業界最狭水準のスプレッドを提供しているのと、21通貨ぺアのヒストリカルデータ(過去のチャートデータ)2012年1月3日以来のデータを取得可能。

これを利用する事によってバックテストが比較的簡単に出来る。

ミニターミナルという利益確定幅、損切幅を簡単に入力出来るツールもある。クリック証券の発注君でもそうだが、こういったツールはあると結構重宝するものだ。
裁量取引には欠かせない。

後は、FXTF MT4ウェブトレーダーが使える。これはウェブ上で動くので、macやLinaxでもインターネットブラウザさえあれば使える。ただ自動売買の機能はない

口座開設は無料

外為ファイネスト MT4 ZERO

外為ファイネストのMT4 ZEROは約定スピードに非常に重点を置いている。

STP方式のNDDで取引を行う事が出来るので、レートを提示するカバー先に直接注文する事が出来る。

約定スピードが速いので、スキャルピングをする人にとっては重宝が出来る。

口座を開けば、システムトレードのテラス社のインジケーターを無料で貰える。

口座開設は無料

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)

FOREX.comは、5年連続で顧客満足度No1という実績がある。

また、FOREX.comの運営会社であるゲインキャピタルは、ニューヨーク証券取引所に上場しているので、安心感もある。

スプレッドが少し高いのが残念だが、MT4のオンライン勉強会も多く行っている。

ボクも電話した事があるが、電話サポートは繋がりやすく、専門家が対応してくれた、かなりしっかりしていると思う。

口座開設は無料

楽天MT4(旧:FXCMジャパン証券)

FXCMは元々国内MT4の代表格の一社であったが、2016/9/19に楽天が買収して「楽天MT4」となった。

楽天MT4の良いところは、サーバーが日本にあるという事。

大手証券会社(SBI証券、GMO証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)で唯一のMT4が使える業者。

FXCM時代は「取引手数料」が取られたが、現在は「取引手数料無料 + 原則固定スプレッド」になっている。

口座開設は無料

国内MT4対応業者5社の選び方

ボクも上記で紹介した口座はすべて持っているが、取引するならスプレッドが安い所の方が良い。

ボクのサイトで紹介している国内MT4業者5社は安全性を考えると、どれも自信を持ってオススメ出来る。

後は、その人のトレードスタイルによって選び方は違うだろう。

USD/JPYやEUD/JPYの裁量取引で売買回数が多い場合は
⇒FX TRADE

自動売買で深みを目指したいなら
⇒FOREX.com

多通貨の取引を行いたいなら
⇒OANDA JAPAN

GPY/JPYやEUD/USDの取引が多いなら
⇒外為ファイネスト

何よりも知っている名前のFX会社を使いたいなら
⇒楽天MT4

個人的にざっくり評価するならこんな所だ。

ボクも口座を全部持っているが、FOREX.com以外は口座の維持手数料はかからない。

 

-Uncategorized

Copyright© FX大技林 , 2018 All Rights Reserved.