『トルコ投資の聖地』トルコ戦士の目指す所は、トルコの事で困ったときは、トルコ戦士のサイトにくれば、トルコ投資に関しての情報は、何でも揃う、ハブ空港のようなサイトを目指しています。

トルコ戦士

トルコリラ天国への道

年初の大暴落!トルコリラの未来は?希望は?息してっか!

投稿日:

諸君! 新年あけましておめでとう!!
景気の良い話題で新年の始まりとしたいところだが、いきなりまさかの大暴落だ。われらのトルコリラはどうなってしまうのか?

 

 

新年のっけからの大暴落

諸君。息してっか!

新年早々為替相場は「おはぎゃあ!」などというレベルを通り越した大暴落を演じてしまったぞ。

死にそうだよ。飯が食えないよ・・・
トル子

ペソ美
日本の正月明けの薄商いを狙ってくるヘッジファンドはホント鬼畜だな。

同士諸君の中にも、強制ロスカットで無念の退場を余儀なくされた者が居ることだろう。TwitterやYouTubeにも、ばたばたと倒れていく姿が投稿されている。無念だが、ここはしっかりと次に向けての準備期間として、再起のチャンスを狙ってほしい。

生き残ったとしても、大きな損切りを断行してしまった者も大勢いたのではないだろうか。

下は週明け土曜日のTRYJPY時間足チャートだ。ご覧のように大きな下げを体験するも現在は暴落前のレベルに戻ってきてるぞ。もっと握力があれば!と悔やんだ人も大勢いることだろう。ここは、焦らずに資金管理をきっちり行い、日々のスワップポイントで明るい未来をめざそうじゃないか。

ペソ美
レバレッジ管理は大変だぜ。危ない時は両建てしてな。
1,997view
ベア相場
トルコリラのアービトラージでノーリスクトレード!みんなのFXとGMOクリック証券

22円台をタッチしたトルコリラも、その後は鳴かず飛ばず。21円前後ですっかりなじんでしまった様にみえるが、世間はちょっと ...

TRYJPY1時間足チャート

トルコ経済指標発表

そんな中トルコの経済指標が発表された。製造業PMI(上段) 生産者物価指数(中段) インフレ率(下段)の3本建てだ。

トルコ - 製造業PMI
トルコ - 生産者物価指数
トルコ - インフレ率(月額)

予想値から大きく乖離したものはなく、インフレ率は予想のマイナス0.23%よりは改善しているが前回(マイナス1.44%)からは、インフレ改善がやや勢い弱くなっているのだろうか。結果はマイナス0.4%であった。PMIは予想の47.2に届かず44.2であった。これは前回(44.7)よりもわずかに低い結果である。

やはり経済活動は頭重く、なかなか大きな進展は厳しいのが現状だろう。これらの指標発表では、トルコリラ通貨への影響はあまりみられなかった。今回にかぎっては、昨年10月頃からのNYダウ弱気相場トレンドや、年始のドル円の大暴落といった超メガ級のニュースでの乱高下に、トルコリラも巻き込まれたといえる。

NYダウ日足チャート
USDJPY時間足チャート

ペソ美
appleは業績の大幅な下方修正があったらしいな

iphone高すぎるよね。iphone Xプラスなんて16万近くするよ。
トル子

一方トルコ国内に目を向けると、2か月連続のインフレ率低下がきっかけなのか、1月3日のロイター通信によればトルコ中央銀行にて「金利引き下げの検討予定」と報じている。

1月16日に開催されるトルコ中央銀行 金融政策委員会にて検討されるらしい。

経済面では、金利引き下げによる借入コストの抑制は歓迎されるだろうが、トルコリラがここまで上がってきたのは金利見直しによる効果もあったはずだ。先月のインフレ率発表時に「金利引き下げ」の噂が流れてトルコリラがガクンとさがったのを覚えているだろうか。

前回は噂を否定する公式発表もあったが、今回は金融政策委員会にて議論すると報じられているのだ。

いずれにしろ、この話は1月16日に答えがでるようなので要チェックだ。

そして、2019年最初の米国雇用統計が金曜に発表された。
非農業部門の雇用者数は予想18万人増に対して結果31万2000人という大幅増となり、ここ数日の景気悪化懸念は軽減されたようだ。

雇用者数は増えたんだね。
トル子

平均時給も前年同月比3.2%増であり、これも市場予想(3.0%増)を上回っている。失業率は3.9%と先月の3.7%から上昇したものの総じて市場はポジティブに反応しているな。

その時のトルコリラ円とドル円価格を乗せたチャートは下図のような動きであった。NYダウ先物の回復トレンドとトルコリラ円の回復が相関関係もって推移していることが確認できる。
NYダウ先物とドル円トルコリラ

年初の暴落は中国景気後退もあってか、アップルの業績予想下方修正がNY市場明けかつ東京市場が正月休みとあいまって、市場参加者が少ない時間帯を突いて一気に下落だったが、とりあえず週末にはこのクラッシュ暴落前の値に戻ったわけだ。

雇用統計の数字がよかったことで、米国FRBも2019年の利上げに対してひとまずほっとしているのだろうが、少し長い時間軸のチャートを見ればまだ下方向のトレンド中である。特にトルコリラは長い下方トレンドの中から抜け出せていない

弱気相場のさなかだからこそ、悪いニュースに敏感に反応したのであれば、たまたま年始の薄商い中だったからの暴落だけではなくて、今の相場はそっちに向かっているのではないか?ということを改めて感じた次第だ。

こうやって見ると、みんな同じように動いているんだね。
トル子

ペソ美
戻すなら下げるなよなって思うぜ

この先どうなるか

TRYJPY日足チャート
血の気が失せるような長い下髭だが、昨年つけた安値更新までは至ってない。その手前で下げ止まっているのだ。そして暴落した前日の高値を超えて週末を終えている。(まさかの全戻しとなった。)

もちろん、今後も改めて下への圧力がかかったり、急激な下落暴落が起こる可能性は十分ある。

ペソ美
下髭で損切られたやつ可哀そすぎるだろ。

昨年10月からだらだら下がってくるNYダウ、3%台タッチした後下落を続ける米国10年国債利回り(1/5時点で2.661%)、50を超えることができない原油価格(1/5時点で48.31)と20をなかなか切らない恐怖指数(1/5時点で21.37)。そんな状況だからこそ、「資産管理」はしっかり行ってほしい。

つまり「レバレッジを必要以上に上げない」「ストップは許容可能な範囲で直近サポートになっている安値近辺に必ず設定。」だな。くわえて余剰資金でトレードすること、生活費をトレードに使ってはあかんよ

強制ロスカットでの退場を避け、スワップポイントを日々入手するためには上記を徹底したいものだ。たとえ今回のような大暴落が再度起こっても、上記を守ることで生き残る確率、失敗しても再起するための体力、資金力はぐっと高くなる。

ちなみにOANDA口座だが、今回の暴落で、一時はマイナスに落ち込んでしまったもののレバレッジを極力抑えたロット数でストップは前回暴落時からの最初の戻し底値としていたことが幸いしたのか、しぶとく生き残っていた。

その後翌日の戻しのおかげもあって週末はプラスにもどっているじゃないか。もちろんスワップポイントはこんな時でも日々ゲットできている。

しぶとく生き残る

下図は、現時点の口座の内容だ。逝ってしまっただろうと思いチャートを確認した時には、うれしかったぞ。

よく見たらストップギリギリのところで底をつけていたようだ。奇跡だったかもしれんがハイレバレッジにして、ストップも浅めだったら一撃でロスカットだったのだろう。

危なかったね
トル子

OANDA口座

テクニカル

TRYJPY日足週足とテクニカル
アップルショック時のレートは恐ろしいほどの長い下髭を作ってしまった。週足でもその長いひげが確認できる上になんと、18円台に突入していたわけだ。

週足でみると、順調に上昇してきたもののBBのプラス1σライン(上図左の緑ライン)で上値を抑えられていたところでアップルショックにみまわれてしまった。

さらにその時の遅行スパン(同じくピンクの太線)はローソク足に沿うように下向きだ。以前このブログでも日足の遅行スパンがまさにローソク足を抜けそうだと記載したが、やはり見事に抜けている。

この先だが、日足では再度遅行スパンがローソク足を上抜けるのか、または結局力尽きてローソク足にはじかれ再度下に向かってしまうのかだな。

ペソ美
今後も遅行スパンの動きは要チェックだな。

日足では暴落当日の高値を超えて引けているというプラス要素はあるが、週足は長い下向きトレンドが継続中という点は注意しておこう。トレンド反転と判断するのは、週足で赤色のBBプラス2σを抜けた後だ。

まとめ

昨年末から、なにやら為替市場に怪しい空気がながれだし、とうとう年初に大きなクラッシュが発生した。一過性のクラッシュなら良いのだが、2019年の為替相場を示唆するようだと具合がわるい。

3月にはトルコ国内は選挙があり、国内景気回復施策や外交成果による支持率向上策などいろいろとイベントが発生するだろう。ドルや円の動きから影響を強く受けてしまうトルコリラだけに、欧米主要国の政治経済問題もウォッチしていこうじゃないか。

まずは、昨年の最安値を下へ抜けることなく過ごせば、しばらく大きな落ち込みなく3月を迎えられそうだ。
とはいえ、そこまでにまだまだ、乱高下要因は発生するだろう。ロングポジションにうま味がなければ、短期デイトレショート戦略の併用他業者口座も活用したアービトラージトレードでリスクヘッジも有効だぞ。

不穏な状況から抜け出せるまでは、あらゆるヘッジを駆使して資産を守っていこう。口座が生きている限りはスワップポイントが入手できるのだからな。

それにしても、2019年は年初から大騒ぎだった。

正月早々ビックリしたけど、今年も宜しくね。
トル子

ペソ美
今年もリスクをヘッジしながら、スワップを稼いで行こうぜ。宜しくな。

トルコリラスワップポイントランキング

このサイトは、みなさんのご協力で成り立っています。ありがとうございます。みんなもトルコリラを買って仲間になってね。
トル子
ペソ美
トルコリラのスワップポイントが安定的に高いのは「LightFX」だよ。トルコリラで儲けるコツは、スワップポイントが高くスプレッドが安いところを選ぶこと。各FX会社のスワップポイントとスプレッドを両面からランキングしてみた

※2019/07/08日時点
※スプレッド原則固定(例外あり)
※クリック365は変動制

2019年7月のトルコリラスワップ実績

Sランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
LIGHT FX 100円/日 1000 1.7銭
みんなのFX 100円/日 1000 1.7銭

Aランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
ヒロセ通商 100円/日 1000 1.9銭
サクソバンク証券 100円/日 5000 2.1銭
GMOクリック証券(クリック365) 100円/日 10000 2.9銭
マネーパートナーズFX nano 100円/日 100 3.8銭
マネーパートナーズ 100円/日 100 3.8銭
FXプライムbyGMO 100円/日 1000 4.8銭

Bランク

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
SBI FXトレード 92円/日 1 4.8銭
外為どっとコム 85円/日 1000 1.9銭
セントラル短資FX 60円/日 1000 2.5銭

その他、トルコリラ取り扱い可能

会社名 スワップ 最低購入単価 スプレッド
楽天証券 60円 1000 6.8銭
ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社
64円 1000 15~50銭
マネースクエア 60円 1000 8.0銭

取り扱いなし

ライブスター証券
YJFX!(外貨ex)
DMM FX
外為ジャパン
ひまわり証券(ひまわりFX)
FXブロードネット
マネックスFX プレミアム
アイネットFX
外為オンライン

トルコリラのスワップポイントを受け取る時の注意点
●スワップポイント(金利差調整分)について
通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。
また、FX取引のリスク、特に、為替変動による損失がスワップポイントで得た利益を大幅に上回る事もありますので、ご注意ください。

トルコ戦士の記事をいち早く受け取りたい戦士は、友達登録宜しく!

友達優先で、より早い情報をお届け!この情報が相場での勝利を掴む。

トルコ戦士募集!(871人参加中 2019/0708現在)

友だち追加

君も『トルコ戦士』なら
いいね ! をするんだ!!

トルコ戦士を
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
トルコ戦士

トルコ戦士

トルコ戦士編集部 編集長 2018年6月よりトルコ戦士となる。 その2か月後の8月10日にエルドアン大統領のよる「トルコ戦士ジェノサイド」が行われ果敢なく散る。 9月3日より、再度トルコリライン。 トルコリラのスワップに夢見て幾数年、いつか夢見るリラ円の100円台。

-トルコリラ天国への道
-, , ,

Copyright© トルコ戦士 , 2019 All Rights Reserved.